データセンターを有効利用|大容量のデータを保存できる外付けhddの選び方|記憶装置の活用
男の人

大容量のデータを保存できる外付けhddの選び方|記憶装置の活用

データセンターを有効利用

ネット

自社の設備でシステム運用

各業者が用意するオンラインストレージサービスは大変便利ですが、法人によりましては、どうしても自社の設備を用いたい場合もあります。しかし予算的な都合から、社屋内でサーバーの管理が難しくなった時は、データセンターを活用すると良いでしょう。データセンターではオンラインストレージも準備していますが、自社保有のサーバー機器を置かしてもらうこともできます。これはコロケーションという方法ですが、空調設備など、サーバーの設置環境の維持に大金を掛けられない法人には最適な手段です。そして、サーバーを運用する人材が欠員している状態なら、マネージドサービスを提供するデータセンターを探しましょう。このサービスに申込めばデータセンターがサーバーの運用を代行してくれるので、エンジニアが不在の法人でも、自社の設備でオンラインストレージを確立できます。

機器の預け先を選ぶ

自社保有のサーバー機器を預かってくれるデータセンターは多数ありますから、最適なオンラインストレージを実現するためにも、入念に検討しましょう。オンラインストレージはインターネットを介して利用するため、距離的な要素を考慮しなくて良い場合もありますが、自社で運用するなら、いつでも駆け付けられるエリアから選ぶことがポイントです。また、用意されている電源は各データセンターで違いますから、その点も確認しておきましょう。そして、電気代が利用料金に含まれているかどうかも、確かめておきたい項目です。そのほか、マネージドサービスで依頼できる運用範囲はデータセンターごとで相違しますから、希望のオンラインストレージが実現できるか否か、細かく調べておく必要があります。一方、エンジニアとサーバー機器を持たない法人なら、ホスティングサービスを提供するデータセンターを探すことが肝心です。ホスティングサービスなら自社で機材を持たない法人でも、オンラインストレージを使ったサーバー環境が整います。