サービスを選ぶ基準|大容量のデータを保存できる外付けhddの選び方|記憶装置の活用
男の人

大容量のデータを保存できる外付けhddの選び方|記憶装置の活用

サービスを選ぶ基準

システム

セキュリティ機能がある

データ送信を行う際には、ファイルを送信側と受信側それぞれ暗号化されて行われます。決して盗み取られないように、第三者が解読不可の状態となっています。実現できる理由はユーザ毎に設定するパスワードや、データ送信の権限の制限があります。そしてフリーメールが普及していますが、受信相手では使用できないように制限されていることもあります。最も無料でデータ送信を提供するサービスで注目されるのが、ダウンロードの回数です。受信者が制限されたり、送信する内容が履歴として残って管理されていることもあります。こうしてセキュリティに対して、企業などに合う運用が可能となっています。そして誤送信を行っても、間違って受信できないように配慮されているデータ送信サービスもあります。しっかりと吟味しながら選択する必要があります。

有料は活用しやすい

有料のデータ送信サービスの場合は、ユーザが利用しやすくできるようにフォームなどを提供しています。データ送信を行いたいファイルなどをドラッグして運搬したり、宛先を複数指定することによって、スピーディーに送信することができます。またスケジュールによって後で送信できるように設定することができるため、手動でデータ送信を行う必要がありません。大量のファイルだとしても、日々サーバーでバッチ処理を行うことによってデータ送信が可能となっています。さらに送信している途中で、エラーが発生したとしても途中から再送信することができます。国内だけでなく、海外へデータ送信を行う時にも安定して行うことができます。送信後自動消去できるようになっているサービスもあるので、管理機能をチェックして判断するといいでしょう。