ウーマン

大容量のデータを保存できる外付けhddの選び方|記憶装置の活用

大容量記憶装置の活用方法

ハードディスク

利用範囲が拡大

外付けhddは、USBインターフェースを備えて簡単に接続することができます。データの読み書きが高速、大容量であるといったメリットがあり、これを生かすことで、大きなサイズのデータの保存に活用することが可能です。パソコンに接続するだけでなく、録画機能を備えたテレビに直接接続して、動画保存用の記憶装置として使うなど用途が広がっています。パソコンが壊れたり、データが消失してしまう等、万が一の事態に備えて起動ドライブのバックアップにも外付けhddが利用されます。記憶領域をより有効に使うために、バックアップデータを効率的に圧縮する専用ソフトの利用を推奨します。大容量hddを購入する際の選ぶ際には、大容量、高速性などの性能と価格バランスを重視すると良いでしょう。これに加えて万が一故障した際のサポート体制も重要ですので、定評のあるメーカの製品を選ぶことを心がけてください。

故障に注意

外付けhddは精密機械ですので、衝撃に注意しなければなりません。モーターなどメカニカルな機構を持った製品ですので、衝撃に弱いという特性があります。特にデータへアクセス中に、hddに外乱が加わると、クラッシュするリスクがありますので要注意です。外付けであるが故に簡単に取り外しできる装置ですので、設置場所や取扱いに注意が必要です。不安定な場所に不用意に配置すると、落下させたりぶつけたりするリスクが高まります。電源コードやUSBケーブルの取り回しも、他の機器と干渉しないように、配線しましょう。hddは寿命がありますので、半永久的にバックアップできる製品ではないという認識を持ちましょう。使い続けると数年で故障する可能性があります。重要なデータは別のメディアにもコピーをし、二重に保存するなどの対策が必要です。

サービスを選ぶ基準

システム

データ送信サービスというのは、提供する企業が専用のサーバーを立ち上げて構築しています。クラウド上で使用されているサーバーでも十分活用することができます。データ送信はセキュリティ面も気になりますが、各企業で対応を進めているので安心です。

Read More

気をつけたいこと

複数のケース

DVDにダビングするためには、まずは権利の確認が必要で、自社で制作したものではないなら、弁護士や相手側に問い合わせておきましょう。傷がつかないようするのはもちろんのこと、太陽光に当たらないように注意し、新たな媒体が開発されたら、すぐに移行できる体制を作っておくと良いです。

Read More

データセンターを有効利用

ネット

データセンターにサーバー機器を置かしてもらうことで、社屋内でのサーバー管理が難しくなった法人でも、引き続き自社設備で運用しやすくなります。また、エンジニアが欠員している法人なら、併せてマネージドサービスを利用しますとデータセンターが運用を代行してくれるため、オンラインストレージを維持できます。

Read More